鍵の進化

家には、鍵をかける場所がたくさんあります。窓や、玄関や、勝手口の鍵などです。一昔前までは、今よりも安全で安心な社会でした。だから、鍵をかけずに外出する家庭も多くありました。しかし、いまでは、鍵をかけずに外出することはほとんどなくなっています。残念ながら、鍵をかけていても、壊されて侵入されるケースもあるのです。昔は、鍵といえばシンプルなものでした。それで事が足りていたのです。でも、いまでは、2重、3重のロックがついているものが当たり前になりました。また、作りも精巧で、複製されにくいものになってきています。そして、ピッキングもされにくいものになってきているのです。これからも、さらに開発がすすめられて、精巧な作りのものがでてくるでしょう。

これからの社会をみても、安全な社会に戻るのには時間がかかりそうです。自分の身は自分で守るためにも、しっかりとした作りの鍵を使うことは必要です。住宅メーカーでも、そういった鍵を使用するところはますます増えていくでしょう。また、夜遅く帰るひとも多いので、夜間に光ってみやすいものも、より導入されていくでしょう。最近では、こども用などに、デザイン製のあるものも出てきています。これからは、シンプルなデザインだけでなく、さまざまなタイプがでてくるでしょう。そして、最近被害の多い、窓ガラスを割って入る泥棒対策もさらに強化されていくでしょう。警報機や防犯ブザーがついたものも、さらに取り入れられていくことでしょう。