鍵の防犯対策

日本では確認できているだけで、年間11万件以上の侵入窃盗の被害が発生しています。その中で空き巣の被害は約4割に達しています。空き巣の被害は、錠前を交換するだけで防ぐことが可能になります。 鍵の救急車に錠前の交換を依頼すると、防犯性能に優れた錠前と交換してもらえます。窓ガラスを割って侵入する空き巣を防ぐために、サッシに補助鍵を取り付けてもらうこともできます。 鍵の救急車は防犯対策のプロですので、戸建て住宅や分譲マンションの防犯の相談をすることができます。鍵の救急車は全国各地に店舗がありますので、最寄りの店舗に連絡をすると、駆けつけてくれます。 真夜中に鍵を紛失した時も、鍵の救急車に連絡をすると、家の鍵を開錠してもらえます。

現在の鍵屋さんは、合鍵を作ったり、鍵を失くした時に鍵を開けてくれるだけではありません。街の鍵屋さんは防犯の専門家として、戸建て住宅や集合住宅、オフィスなどの防犯対策に取り組んでいます。 防犯カメラの設置も、鍵屋さんに依頼すると、手頃な値段で防犯カメラを取り付けてもらえます。鍵の救急車は防犯カメラの設置はもちろん、最新式の電気錠や電子錠、電磁石錠の取り付けも行っています。 住宅に防犯カメラや電子錠を取り付けると、住宅の防犯性能が飛躍的に向上します。最新の非接触IC式電子錠にすると、スマートフォンを鍵代わりにすることができます。手持ちのICカードを鍵にすることもできます。タッチパネルによる暗証番号の入力も可能になります。